2006/01/29
2006/01/22
2006/01/18
2006/01/15
2006/01/15

2006年01月

        

あいさつ運動

category - 小学校
2006/ 01/ 31
                 
昨日の記事のAくんのリコーダーはバロック式でした~。
さっそく、Aくんにバロック式のファの指押さえを教えました。

Aくん「難しすぎる~。」
ハナコ「しかたないよ。がんばり。」

バロック式のファはとても難しいやり方です。
知識として、バロック式のリコーダーがあるとは知っていましたが、初めて出会いました。
ブログをやっていてよかったです。指摘してくださったみなさん、ありがとうございました。

さて、昨日から、子どもたちのあいさつがいつもより、とても元気がいいのです。
これは児童会が考えたあいさつカードのおかげです。

3年前に赴任してきたより、だんだん、子ども達のあいさつがよくなってきました。
朝、ボランティアの人や保護者のみなさんが街角や学校の門のところで、「おはよう」と声をかけてくれているおかげだと思います。
もちろん、教師も声賭けをしていますが、たくさんの大人にみならって、子どもたちもあいさつするようになったのでしょう。

それでも、まだ、あいさつをしない子どももいます。そこで、児童会役員が中心になって、あいさつカードを考えてくれたわけです。
自分からあいさつしたら、カードに○をつけます。相手からあいさつされても、大きな声であいさつをかえしたら、○をつけることができます。
それが、100人たまったら?あれ?どうなるんだっけ?

とにかく、朝から元気な子ども達の声が聞こえるのは気持ちがいいものです。

ぽちっとよろしくお願いします。ランキングが上がると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

リコーダー

category - 小学校
2006/ 01/ 30
                 
あと、10日ほどで最後の参観日です。
2組は教科は算数をする予定です。算数をしたあと、リコーダーの演奏をしようと思っています。

3年生から始まったリコーダー。きっと、親御さんたちも聞きたいに違いありません。
曲は「エーデルワイス」と「パフ」に決めました。
3年生は数回担任しましたが、エーデルワイスの曲はいつも教科書やリコーダーの本に載っています。
比較的、簡単に吹けて、きれいな曲だからでしょう。
この曲は2学期から取り組んできたので、ほとんどの子どもが吹けます。
あとは、息継ぎやタンギングなど、細かい点を直すだけです。
まだ、合格していない子を順に呼んで、上手にできるかどうかチェックしました。

Aくんが演奏します。

♪ミーソレー ドーソふぁ~

ハナコ「あれ?音がおかしいで。」
Aくん「そんなことない。おおてるで。(合ってる)」
ハナコ「いや、へんや。もう一回吹いてみ。」

♪ミーソレー ドーソふぁ~

(爆笑)

ファの音が半音ずれています。ファのシャープという感じです。間違っても笑ってはいけません。でも、ファの音で気がぬけて、とてもおかしいです。

Aくん「おかしいな。♪ミーソレー ドーソふぁ~
ぷぷっぷ。」
とうとう、Aくんも笑い出しました。

ハナコ「ごめん。先生も笑ってしまうから、今度にして。」

Aくんの吹き方をチェックしましたが、おかしいところはないようです。リコーダー自身が不良品なのかもしれません。こちらの業者で買ったものなら、業者に文句も言えるのですが、あいにく、Aくんは転校生で横浜で買ったのです。
明日、わたしがリコーダーを吹いて確かめてみましょう。
参観日はわたしのをかしてあげようかな。
吹き口を洗えば、大丈夫。



ぽちっとよろしくお願いします。ランキングが上がると嬉しいです。


にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

鉄人28号 と漢字学習

category - 小学校
2006/ 01/ 29
                 
IMG_0569.jpg


気分を変えるため、春の花を買ってきました。
花器は母作。

朝刊に「鉄人28号」の書評が載っていました。
鉄人28号は横山光輝氏作の漫画です。
昔、テレビでよく見ました。正太郎少年が操縦するロボットの活躍する漫画です。悪者の手に落ちると、悪者のいうとおり、悪いことをする鉄人28号にはらはらさせられたものです。

さて、この間、「鉄」という漢字を学習しました。

ハナコ「鉄の使い方は?」

子どもたち「鉄道、地下鉄、鉄板・・・」

Aくん「鉄人28号」

Bさん「何、それ~?」

ハナコ「昔、やってたロボットの漫画や。」

Cくん「前、テレビでやってたで。」

ハナコ「えっ?昔じゃなくて、今も?」

Bさん「どんなん?」

ハナコ「リモコンで動くロボットやねん。」

漢字学習では漢字を覚えることも大事ですが、使い方もしっかり学習しておかないといけません。

「習った漢字は使いや。」というと、
「水ミングに行きまし田。」なんていう使い方をする子がでてくるのです。結局、短文作りでは鉄人28号を使った人はいませんでした。

鉄人28号の絵をわたしは今でもすぐ描くことができます。ネットで描くと著作権にふれるかもしれないので、描けないのが残念です。学校の黒板に描いたらよかったかな?


ぽちっとお願いします。ランキングが上がると嬉しいです。
ちょっと、下がり気味なんです。(T_T)

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

THE 有頂天ホテル

category - 映画
2006/ 01/ 28
                 
今、ちょっとしたうつです。仕事も家事も何もやる気がでません。でも、元気をふるい起こしてなんとか、やっているので、本当のうつではありません。

それで、元気がでるかもしれない映画「THE 有頂天ホテル」を観に行きました。

主人公の役所こうじの演じるホテルマンがいい人でした。
元妻に対して、見栄をはったり、ホテルマンとして、お客さんのニーズにあわせて、がんばっていたりする姿が人間らしく自然でした。
また、他の出演者のそれぞれのエピソードが、ちょっとユーモラスで、ちょっともの悲しく、心があたたまります。
でも、数が多すぎて、消化しきれない部分もあったような気がします。

おもしろかったのですが、あんまり元気になれませんでした。「博士の愛した数式」のほうがよかったかな?

ぽちっとお願いします。ちょっと元気のもとをくださいね。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

のびる子ども

category - 小学校
2006/ 01/ 27
                 
始業式の日、忘れ物が多くて、「新年、早々、忘れ物をしてどうすんねん。新学期とか、新年とか、がんばるいいチャンスやねんで。」とかみなりを落としました。

ところが、今、子どもたちのがんばりに驚いています。

1,2学期と忘れん坊将軍が3人いましたが、3人ともほとんど、忘れ物をしなくなりました。1,2学期の忘れ物がうそのようです。

「AくんとBくんとCさんはほとんど、忘れ物をしなくなったよねー。偉いね。」とみんなの前でほめました。
やはり、自分でがんばろうという気持ちがあれば、できるものなのです。

悪筆、7人中(多いな)5人が丁寧に書くようになりました。これもすごいことです。

そのうち、3人は連絡帳をきれいに書くことを競争しています。以前、一人にとてもきれいに書けたとき、確認のはんこを2つ押してあげたことがありました。
(いつも連絡帳を書いたら、わたしがはんこを押しています。)
すると、それを喜んでくれて、はんこをもらおうと競争が始まったようです。

子どもってのびるのが早いなあと感心しています。
それに比べ、わたしはさっぱり伸びていません。
童話も書けそうにないし、仕上げないといけない書類はたまっているし・・・
日曜日は遊ばないで、仕事をしないといけません。

こんなわたしですが、ぽちっとお願いします。いつのまにか、下がってしまいました。(T_T)

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。
                         
                                  
        

ソフトバレーボールの試合

category - 小学校
2006/ 01/ 26
                 
スポーツというのは見るより、するほうが楽しいものです。
いよいよ、ソフトバレーボールの試合の日がやってきました。相手校は7人中、5人が20代とか。
そんな若いチームはソフトバレーでなく、普通のバレーボールをしたらいいのにと思います。

「歳では勝ってるぞーっ!」
の勢い?で試合が始まりました。
試合は6人で行い、ルールは9人制です。相手校は遠いのに、うちの学校に来てくれました。
うちの学校は体育館でなく講堂です。つまり、天井が低いのです。
最初はじゃんけんに負けて、相手からのサーブでした。その最初のサーブは天井に当たってしまいました。天井に当たったサーブはNOカウントなのか、ミス一回目になるのか、ちょっともめました。結局、ミスということになりました。

試合中、よく天井に当たっていましたが、講堂なのでしかたがありません。

試合は1セット目は負けました。気の弱い人が多いのか、今までの試合も、大抵、1セット目は負けています。
2セット目は勝ち、3セット目は負け。結局、試合に負けました。
でも、みんなよくがんばったと思います。いい試合でした。
来年も楽しもうね。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。
                         
                                  
        

人権教育 4つの部屋

category - 小学校
2006/ 01/ 25
                 
道徳の時間に、人権教育のワークショップ、4つの部屋を学習しました。(4つのコーナーだったかもしれません)
まず、教室の4つのコーナーにそれぞれ、「はい」「どちらかといえばはい」「いいえ」「どちらかといえばいいえ」の紙をはります。
教師が質問して、自分があてはまると思うコーナーに行くのです。
この人権の学習の目標は「人にはいろいろな考え方があり、それをお互いに認める」というものです。

まずは軽い質問から。

ハナコ「わたしはカレーが好きである。」

ほとんどの子どもが「はい」に移動しましたが、「どちらかといえばいいえ」の子どももいます。

ハナコ「女の子のほうが得である。」

男の子は「いいえ」に女の子は「どちらかといえばはい」に真っ二つにわかれてしまいました。
ここで、理由を聞いてみました。

Aくん「赤ちゃんを産むと痛い。」
Bくん「立ちションができない。」など。

対して、女の子は反論しませんでした。女の子の意見も聞きたいものです。

いくつかの質問のあと、

「自分のことが好きである。」
と言いました。4年生でした授業で「はい」が少なかった質問です。

なんと、「はい」は0、「どちらかといえばはい」が多く、
「いいえ」「どちらかといえばいいえ」は数人いました。

理由を聞いてみました。

Cくん「背が低いから、いいえ。」

Dくん「Cくんに反対します。背はのびるかもしれません。」

Eさん「頭が悪いから」

Fくん「勉強したらいいと思います。」
Gくん「そんなん、(自分がすきなのと)関係ないと思います。」

ハナコ「Gくんのいうとおりやね。」
本当は、教師は口をはさんではいけません。ちょっとルール違反をしてしまいました。でも、自分のことは好きになってほしいのです。

いろいろな意見が出たあと、みんな「はい」「どちらかといえばはい」に移動しました。途中で答えをかえてもいいのです。

最後は「仲良くなるにはけんかが必要である」です。
これは結構意見がでました。

4つの部屋の学習のあと、子ども達は「いろいろな考えがあるとわかりました。」「けんかになったら、こんなふうに話し合ったらいいと思います」など、感想を言っていました。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

追記

おとといのレンジャーくんの髪型。お母さんは気にいっていることがわかりました。変にいじくらなくてよかったぁ。
                         
                                  
        

アイマスク体験

category - 小学校
2006/ 01/ 24
                 
総合の時間にアイマスクをつけて、目の不自由な人の体験をしました。
つえがあるとよかったのですが、ないので、友達がリードする方法でしました。
二人組になり、一人がアイマスクをつけ、もう一人が指示したコース通り、連れていってあげます。アイマスクは使いまわしをするので、ハンカチかティッシュをはさんで使いました。
リードする人はアイマスクをしている人に、角や段差のときは言葉で伝えることを指示しました。
以前、目の不自由な人が歩きやすいのは、手をひっぱるのでなく、リードする人が前に出て、目の不自由な人がリードする人の腕を持つ方法だと言っていたこと思いだして、そのようにするよう、子ども達に言いました。
ちょうど、国語で盲導犬のことを学習しています。
盲導犬は指示がなくても、危ないときは立ち止まる訓練を受けています。
子ども達は盲導犬のように、目の不自由な人のためにちゃんと道案内ができるでしょうか?

目をかくしていると、不安なのに、早いスピードで歩く子や障害物があってもアイマスクをしている子に教えない子もいましたが、大抵は危なくないように気を使いながら歩いていました。

終わってみると、体験してよかったとみんな思ったようです。目がみえないのはたいへんだということがわかりました。また、目の不自由な人に道案内をするのは難しいけれど、できたのでよかった、また、やってみたいと思ったようです。

今度は点字の学習をしたいと思っています。


ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

最近の髪型

category - 小学校
2006/ 01/ 23
                 
3年生の社会で昔のくらしを勉強しています。
戦前の小学校の写真を見ました。
男の子はみんな坊主頭で女の子はみんなおかっぱです。

ハナコ「坊主ってAくんやBくんの頭やね。おかっぱはクラスにいないなあ。サザエさんのわかめちゃんの髪型。」

AくんとBくんは野球少年なので、坊主にしているようです。
女の子は美容院でカットしているのでしょうか。大抵、今風の髪型をしています。

そんな中でレンジャーくん。(゚ロ゚;)
前髪、短かっ!おかっぱぽくまっすぐなようで、微妙にいがんでいます。

ハナコ「前髪、切ったろか?」

レンジャーくん「いや。」

ハナコ「かっこよくしたろか?」

レンジャーくん「いや。」

ハナコ「・・・・」

ハナコは3人の自分の子どもの髪を6年生までカットしていたので、ちょっと、腕に自信があるのです。
はさみだって、理容専門。すきばさみもあります。
夫もハナコがカットしています。
(夫は散髪やさんに行くのがきらい。)

そういえば、以前の学校で髪の長い男の子に「髪、切ったろか?」としつこく言っていたことがありました。なぜか、それも断られました。
どうも、信用ないようです。

まあ、いいか。髪はすぐ伸びるしね。


ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

もっと、外で遊ぼう。

category - 日記
2006/ 01/ 22
                 
20060122115705


今日はひさしぶりに青空が広がりました。

次男はこたつで勉強しています。
わたし「いい天気やから、子どもは外で遊びや。」
娘「おっさんやん。」
わたし「19までは子どもや。」

うちのクラスの子供たちは今頃、何をしているのでしょう。
一分間スピーチは軌道に乗りましたが、晴れている日にもゲームをしたという内容も少なくありません。
子供は太陽の元で、元気に遊ばないと健全な大人になれないような気がします。
第一、ゲームでは頭も身体も使いません。社会性も育ちません。(ここでいうゲームは敵を攻撃していくだけのゲームのこと)
自然を子供から取ってしまったのは大人なのだから、せめて、安全に遊べる公園をもっと整備してほしいのです。
公園では小学生だけでなく、中高生も遊べるグランドやスケボーができる場所も作ってほしいです。エネルギーの有り余っている中高生の居場所も確保しないといけません。

うちの庭の隅に西洋レタスが太陽のめぐみを受け、勝手にはえてきました。昨年の春に植えた西洋レタスのこぼれ種から育ったのです。
世話をしなくても畑でなくても自然に育つ。自然の強さには感心してしまいます。

人は勝手には育ちません。あまり、環境を整えすぎると、畑でしか育たない人になってしまうのかもしれませんが、ある程度は環境を整えないといけないと思います。


ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。


                         
                                  
        

教員採用試験

category - 小学校
2006/ 01/ 21
                 
Nさんは講師をしていて、教員採用試験に受かりました。
講師は身分が不安定なので、例えば、マンション購入もままなりません。
やっと、合格して、教諭になれるので喜ばしいことです。

夏のこと、1次試験を受けたNさんは落ち込んでいました。
「水泳のとき、調子悪くて咳が出て最後まで泳げなかったんです。それで、身体の調子が悪いことはよくあるのですか?と聞かれて、ハイと答えてしまったんです。」
その後、面接があるというので、わたしは、
「調子が悪いことがあって、たとえ、熱があっても休んだことはありません。って言うときや。」
と励ましました。

Nさんは本当に熱があっても休まない、がんばりやさんなのです。(休んだほうがいいと思いますが)

教員採用試験も狭き門ですが、Nさんが認められてよかったです。
きっと、一年間の試験採用もクリアできると思います。

今、うちの小学校では3分の2が50代の先生です。
たぶん、どこの小学校も同じようなものです。
一般企業より、きっと、年齢層が高いでしょう。
でも、これからは、もっと若い人に活躍してもらわないといけません。今まで新採用はあまりありませんでしたが、来年度は退職者も多いので、たくさんの新採用があるそうです。

わたしもそろそろバトンを渡したいです。

う~ん。2年後かも。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。


                         
                                  
        

ソフトバレー

category - 日記
2006/ 01/ 20
                 
来週、ソフトバレーの試合があります。
以前の試合からずいぶんたつので、もうないのかと思っていました。
今日はひさしぶりの練習です。みんな用事があるのか、練習に参加したのはわたしを含めて5人でした。
男性2人も応援に来てくれました。

バレーボールで骨折やアキレス腱を切るなどの怪我をする人もいるので、充分な準備運動が必要です。歳を取ると、余計です。
まず、サーブの練習をしました。
数本、打つと、手が痛くなってきました。普通のバレーボールよりソフトボールはやわらかいですが、大きくて重いので、手も疲れてきます。
次はレシーブの練習です。ここに来ると思って移動したら、ちょっと、ずれてボールが来るので、受けるのもなかなか難しいものです。
どうも勝てるような気がしません。
練習しないといけませんが、今日は採用試験に受かったNさんのお祝い会があるので、早々にわたしだけ、引き上げました。

お祝い会ではわいわいおしゃべりして、楽しくすごしました。

試合も勝ちたいね。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。

                         
                                  
        

給食の今昔

category - 小学校
2006/ 01/ 19
                 
今日の給食のメニュー。
牛乳(紙パック)、コッペパン、クリームシチュー、鶏肉のハーブ焼き。
3年生では学校のあゆみを社会で学習します。
学校給食が始まったころは、牛乳でなく脱脂粉乳でした。
なんと、わたしも小学校、2年生までは脱脂粉乳を飲んでいました。薄い膜のはった生ぬるい脱脂粉乳を金属のおわんに入れてもらって飲んでいました。
残したのかどうか忘れましたが、かなりまずかったのは覚えています。
たまにココアの粉の入ったのがあり、それはおいしく飲めました。

今ではご飯給食もあり、パン、おかずの種類も豊富でおいしいです。

Aちゃん「学校の牛乳はおいしいけど、家のはまずいから飲めへんねん。」

ハナコ「え~?大きくなるように飲まなあかんで。」

Aちゃん「だって、色が違うねんもん。白いやろ?」

ハナコ「どこの牛乳も白いやん!?」

Aちゃん「そうやねんけど、ちょっと違うねん。」

学校ではみんなで飲むからおいしく感じるのかもしれません。

レンジャーくん「おかわりするかな~?」

ハナコ「全部、食べてからやで。」

レンジャーくん、文句を言わず、もくもく食べています。いつもなら、「レンジャーくん、食べたらあかん人ー。」って怒ります。

ハナコ「あ、そうや。始めに鶏肉、増やせへんかったね。」
食べ始める前にほしい人に増やしてあげたのです。
レンジャーくんに鶏肉をあげました。

この日の鶏肉のハーブ焼きは人気で、おかず缶は空っぽになりました。
後で、栄養士さんに作り方を聞いてみようっと。


ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。
                         
                                  
        

プレゼント

category - 小学校
2006/ 01/ 18
                 
20060118175409


誕生日ではありませんませんが、子どもからプレゼントをもらいました。手作りの飾りと小物入れです。
3年生なのに、器用に針と糸で縫っています。
頑張って作ってくれてありがとう。

考えてみれば、私自身は小学生のころに担任の先生にプレゼントをしたことがありません。
大好きな先生もいたのに気がきかない子供だったのですね。

バレンタインの日に、担任していた女の子からチョコレートをもらったこともあります。

気を使わなくてもいいよ。とは言うもののプレゼントしてもらったら、やはり、嬉しいです。

みんな、やさしいね。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。
みなさんの1ぽちで、どんどん、ランキングがアップしています。
ありがとうございます。



                         
                                  
        

小学校の校歌

category - 小学校
2006/ 01/ 17
                 
3学期の3年生の社会は今と昔のくらしを学習します。
昔の生活を知る上で、昔実際に使っていた道具を見るのは大切です。
うちの学校にも郷土資料室があります。

大抵は、昔、保護者や地域の人たちが使っていて、いらなくなったものを寄付してもらった道具を教室に保管しています。
郷土資料室には、とうみ、田植えに使っていたロープ、お釜、おけなどがありました。中には戦争中、使っただろう鉄かぶともあり、胸がつまりました。

今日は、総合で今の道具と昔の道具を絵に書いて、表にしてみました。こうしてみると、今と昔のくらしの様子はよくわかります。

ところで、郷土資料室にはうちの学校の昔の校歌が録音されているカセットデッキが置かれてありました。
実は、わたしが子供のころ、住んでいた隣の子供たちはうちの学校に通っていました。
きっと、お互いの校歌の歌合戦をしたのでしょう。
わたしは隣の子の学校の校歌を覚えていたのです。つまり、昔のここの校歌です。

ここの学校に赴任が決まったとき、校歌がかわっていることを知り、がっかりしたものです。
校歌って変えることもあるなんてびっくりしました。

カセットには伴奏しか入っていなかったので、歌ってもよかったのですが、なんだか、恥ずかしくて歌いませんでした。
でも、学校の歴史を勉強するときに歌ってみようと思います。

隣に住んでいた仲良しのYちゃん、校歌が変わっていることを知ったら、がっくりするだろうな。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。
                         
                                  
        

気分のよくなること

category - 小学校
2006/ 01/ 16
                 
ハナコです。
休憩時間にトイレに行けなくて、先生なのに、授業中に行きたくなったとです。

ハナコです。ハナコです。ハナコです。

子供たちにクイズを出しました。
①女の子と男の子が凧揚げをしています。どちらのほうが上がったでしょう?

なかなか、わからないようなので、ヒントを出しました。

ハナコ「ヒントは英語です。」

子供「英語~?凧はカイトかな?・・」

やっと、二人がわかったようです。わかった人はハナコの耳元でこそっと言います。

ハナコ「正解!Aくん、正解、言って。」

Aくん「女の子はガールやから、アガール。で、女の子。」

明日はスモッカさんのクイズを出そうっと。

ちょっと、遊んで気分がよくなりました。わたしが・・・
だって、昨日、驚くことがあったんです。

続きはぽちっとしてから見てくださいね。

にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします
                         
                

続きを読む

                 
        

試験

category - 未分類
2006/ 01/ 15
                 
20060115211512
モブログで試し。実家のさざんか。
                         
                                  
        

いらっしゃいませ

category - 日記
2006/ 01/ 15
                 
いらっしゃいませ。
熱いお茶なぞ、どうぞ!





夫は朝からテニスの試合に行きました。
負けたら、昼すぎに帰ってくるそうですが、勝つ気、満々です。

夫「いつか、テニスを見に来てや。」

わたし「いや。」

即答です。

そういえば、2年ほど前に試合で3位になったとかで楯をもらってきました。
でも、なんのお祝いもしませんでした。
ちょっと、冷たかったかな?

う~ん、これはいけません。今日の試合で勝ったら、ケーキでも買いましょう。

昨日は、頭が痛くてなにもしませんでしたので、今日は童話を書きましょう。あ、掃除も・・・

↓こちらでもぽちっとお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑こっちにもぽちっとお願いします。A19-c053.gif

A19-c053.gif

                         
                                  
        

合格手帳と上司手帳

category - 未分類
2006/ 01/ 14
                 
今日は私立中学校の入試が行われるそうです。受験生の子ども達はたいへんです。

うちの高校生の次男と娘は土曜日なので、本当は休みですが、テストがあるので学校へ行きました。
それもお弁当持ちです。

わたし「弁当、持った?」

娘「うん。」
次男「うんこ。」 「こ」はいらんやろ。

ふざけた次男ですが、今年は受験生です。そんな受験生におすすめな手帳があるそうです。
合格手帳と言って、同格するまで、勉強のスケジュールが書けるようになっているらしいのです。

こういった目的別の手帳がはやっているとか。彼氏をゲットするための合コン手帳というのもありました。
わたしなら、童話入選手帳がほしいものです。

また、上司手帳というものもあります。
その手帳には毎日、自分のチェック項目がありました。
例えば、笑顔で明るくふるまったかとか、部下に声をかけたか、部下をほめたか、というものです。
上司になったばかりの人がよく買うそうですが、「せやねん」というテレビの番組のスタッフには不評でした。上司は別にすかれなくてもいいし、そんなに気を使う必要はないのではないかという意見でした。

会社の上司というのはわかりませんが、このチェック項目は教師にはいいかなと思いました。
①笑顔で子ども達に接する。
②全員の子ども達に声をかける。
③子ども達をほめる。

毎日はなかなかできないのですが、できるだけそうしようと、心がけているつもりです。
②はできないときもあるので、帰るときに握手をしようと思っていたのですが、集団下校が始まってしまい、忙しいのでできなくなってしまいました。
でも、早めに授業を終えて、握手をしようかな。
                         
                                  
        

初めまして

category - 未分類
2006/ 01/ 14
                 
ここに引っ越そうかなと思っています。
今、3年生の担任している小学校教師のpianoです。
123なんて、ついているけど、pianoとよんでね。

引っ越すまでは「童話のはなし」をお楽しみくださいませ。