Post

        

インタラクティブ スタディ

category - 小学校
2009/ 07/ 29
                 
学校でインタラクティブ スタディの研修を受けました。
簡単に言うと、パソコンでする学習です。
問題を作った人はよく考えています。子どもがどんな間違いをするのか予想していて、間違うと指導が入るというプログラムを作っています。

例えば、算数の問題に「7+5」があったとします。「2」と答えたら、「ひきざんではありません。」というメッセージが出るのです。
メダカの卵をかえすのは世話をきちんとできないと、子どもが生まれないようになっていました。
楽しみながら復習できるので、授業に取り入れてみたいと思いました。
また、教材も作れるそうなので、作ってみたいです。

午後は別の研修に行ってきました。
A先生がめずらしくかわいい服を着ています。

ハナコ「ネックレスもつけたらいいのに。」

A先生「うん。わたしも首輪をつけたらいいなと思ててん。」

ハナコ「(゚Д゚) ハア?? 首輪って、猫みたいに。」

A先生「なんで、ねこやねん。犬やったらわかるけど。」

ハナコ「?」

猫に首輪。確かに猫に首輪はしないですね。わたしは猫にネックレスを想像していましたが、考えてみると、猫はネックレスもしません。どうして、猫だと思ったのかな?

ふ~。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ワタシが小さい頃の飼い猫は
首に鈴をつけてましたよ。
昔はそういう飼い猫が多かった気がしますが
考えてみたら今の猫ちゃんたちは鈴なんて付けてないような。。。?
うふふふふ、首輪は不評でしたか。
ネックレスは日本語になっていますね。犬猫のネックレスだって今はあるようですよ。つまり、紐を繋ぐためでない飾り用だそうです。
>べぃじゅさん
ネックレスは猫っていうイメージがあるんです。似合うでしょ?ドラえもんは鈴をつけてましたね。昔はつけていたのかな?

>kazuyoo60さん
実は近所に首輪をつけられた猫がいます。かわいそうな気がするけど、家だけで飼うのならしかたがないのでしょう。