FC2ブログ
2009/08/10

Post

        

ベトナム 足つぼマッサージ

category - 旅行
2009/ 08/ 10
                 
ふ~。
長いですね~。
では、昨日の続き。

シクロで市街めぐりをしましたが、そのとき、Aさんのシクロをこいでいたおじさんが大砲みたいな太い筒を取り出しました。
なんや?
と思ったら、水たばこのキセルだったのです。水タバコって確か、「不思議の国のアリス」で、けむしが吸っていたような・・・
ぼん!と音がしたそうです。
タバコは嫌いですが、どんな味になるのか吸ってみたかったです。

さて、次はどこかの聖堂をちらっと見学したあと、足つぼマッサージに行きました。
ガイドさんが案内してくれた店は4人しか入れません。
わたしたちツァーのメンバーはOさん夫婦を入れて、計7人。わたしを入れた3人は別の店に行くことになりました。
ガイドさんは4人組のほうへ行ってしまいました。
「ティー or カフィー?」

「え?ただ? サービス?」

「?」

「サービス?」

「ティー・・・」

困っていると、ガイドさんが「ここじゃなかったです。」

(゚ロ゚;)エェッ!?

間違いですか! あ~、びっくり。勝手にお茶をいただくところでした。

本当の店に到着。先ほどの店に比べ、とてもきれいな店でした。マッサージをしてくれる7人はとても若いお兄ちゃんとお姉ちゃんです。
わたしの担当の人はイケメンの22歳。それだけで、ちょっと恥ずかしかったです。
「かっこいい」と「ハンサム」という日本語を教えてあげました。彼はすぐ、わたしの名前も覚えるし、英語もできるかしこい男性です。

「痛くない?」

「うん。痛くない。

足をもんでくれたり、洗ってくれたり。極楽ですね。

後はお茶をして、夕食を食べました。おなかいっぱいで残してしまい、お店の人に申し訳なかったです。お茶が時間的に遅すぎました。こんなとき、ツァーは不便です。それとも変更できたのかしら?

お茶

このころはOさん夫婦と仲良くなり、最後の日の自由行動はご一緒させてもらうことになりました。
ベトナムの少数民族のモン族の住むところへ行きます。
このツァーは日本でのガイドブックに55ドルと書いてあったとOさん。
こちらでは75ドルと言うので、ガイドさんに会社に電話してもらいました。

「安くならないみたいです。」

「でも、55ドルって書いてたから、申し込んだのに、高いなあ。」

「じゃ、Kさん(日本人)に電話しよう。Kさんってどんな人?」

「Kさんは44歳の男性で社長です。」

というわけで、Aさんが電話交渉をすることになりました。

で、結果、55ドルで行けることになりました。さすが、Aさんです。何でも交渉のベトナムです。


続く





ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

今晩は
アジアでは兎に角ダメモトで値切ってください。日本人はねぎ鴨ですから。(笑) これも旅の楽しさだと思ってます。私って、変な叔父さん??
ベトナムはなんとなくぼったくりのイメージがありますね。
それだけ生きることに必死ということでもありますが。
ちなみに、私、フォーはかなり好きです。
(何の豆知識?)
足裏マッサージ気持ち良かったのですね。祖母が幼い私に足裏を踏ませたのを思い出します。
果物が沢山、これ私食べたいです。(笑い)
20ドルも違ったら、他のことに使えますね。さすが~~。
>tamaさん
値切るのってめんどくさくないですか?ツァーは値切りすぎかもしれませんね~。

>DC5さん
フォーを初めて食べましたが、おいしかったです。現地のものって食べられないかもと思いましたが、みんな大丈夫でした。
値切るのは苦手です。

>kazuyoo60さん
足ツボは気持ちよかったですが、若い子だったのでなんとなく恥ずかしかったです。
値切ると悪いような気がするのですよ。
「うん。痛くない。v-343
に笑ってしまいました。
pianoさん!ほらほらっ!鼻の下伸びてますよっ!(笑)
>べいじゅさん
ほんと、伸びきってしまいましたよ。じゅるっ(よだれ)