Post

        

理科の学習

category - 小学校
2009/ 10/ 03
                 
どの教科も大好きなわたしですが、(出来、不出来はともかく)、理科も大変好きです。
今は月と星の観察をしています。
新任のころ、同じように星の観察の指導をするために、星の写真を撮ろうとしたことがあります。
一眼レフのカメラを買い、三脚もシャッターを止める器具も用意し、北海道の礼文島で写真を撮ろうと思いました。
当時の小学校では、現像室もあったので、現像もするつもりでした。
三脚をたて、カメラを設置し、いざ、撮ろうとしたそのとき、突風が!

ガシャンと三脚ごとたおれてしまったのです。
カメラの設置部分がこわれて、気分がめげてしまったことを覚えています。

今年こそ、リベンジしようかと思いましたが、結局なにもしませんでした・・・
当時、星の本も買い揃えたことを思い出しました。
どこにおいたかな?

しかし、すでに「すずしくなると」という秋の草木や、虫などの観察の単元に入ってしまいました。
星はあきらめて、「ぬすびとはぎ」や「ススキ」を学校にこっそり植えようかな。
うちの庭でつかまえたバッタは学校の裏庭に捨てましたけどね(笑)


建物が増え、空気がよどみ、空き地や林がなくなって、理科の自然観察がしにくい世の中になってきました。学校だけでも環境を整えたいものです。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ススキとヌスビトハギですか。ススキは良いと思います。ひっつき虫を知らない子が多いのでしょうか。
kazuyoo60さんへ
整備された公園ぐらいしかないので、ひっつきむしを知らない子どもが多いです。ただの野原がほしいです。