Post

        

風が強く吹いている

category - 読書
2010/ 01/ 16
                 
成人式の写真を申し込みに行きました。とても高い値段でびっくりです。
美人に補正してくれるんでしょうか?

ところで、1月2日と言えば、なんでしょうか。
そう、箱根駅伝です。

箱根駅伝をめざすことになった弱小チームの話「風が強く吹いている」を読みました。



作者のしをんさんが好きというのもありますが、ただ、走るだけを描いた小説ってどんなのだろうと興味本位で読むことにしました。

ただ、走ることが好きな「走」。全然走ることに興味がなかった竹青荘の面々。箱根駅伝に行く計画をたてたハイジ。
それぞれが、悩み、葛藤していく中で、箱根駅伝をめざしていくのです。

本当に駅伝を経験している人たちにとっては、もしかすると甘い場面もあるのかもしれないけれど、きっと、みんながこういう気持ちでめざしているんだなあと思いました。
家族への思い、走ることへの思い、仲間への思いなどが全部つまった小説でした。

やっぱり、しをんさんってすごい。

映画も見たかったです。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

読みました
年末に読みました。
おもしろかったですよね~。
夫にもすすめたら、やはり一気読みでした。
面白かったですね~。
箱根駅伝、みたことなかったのですが、今年はちらちらテレビ見てました。

映画、見逃したので、DVDのレンタルが始まるのを待っているところです。
楽しんで走るのではないのですから、競争ですから、極限まで頑張られるのでしょう。
この頃小走りだって思うように出来ないのを自覚して、65歳近しを感じます。
>つぼみさん
大きなエピソードもない走りだけの話なのに、こんなに夢中になるとは思いませんでした。早く読めばよかったです。

>牛くんの母さん
箱根駅伝は結構見ていましたが、適当に走っているんだと不埒なことを思っていました。本当に失礼ですよね。来年はもっとしっかり応援したいです。

>kazuyoo60さん
確かに極限状態なんでしょう。わたしには到底できることではありません。でも、少しなら走ることは嫌いではありません。
この本読みたいんですけど、図書館に行ってタイトル忘れて・・・今に至っています。
メモしなきゃ と思うけどついつい。
ちょびさんへ
では、しっかりメモして借りてくださいね。
おもしろいですよ。