Post

        

難しい話

category - 小学校
2010/ 01/ 26
                 
昨日はイライラをなくそうと、「ちょっとケーキ食べにいかない?」と同僚をさそいました。
ところが、なぜか、お酒のほうがいいやんということになり、新しくできた沖縄料理店に行きました。
同僚たちは沖縄に行ったことがないというので、わたしが主導権をとって、料理を注文しました。
「ぐるくん」という魚のから揚げを注文したら、ぱりぱりして骨までおいしかったです。
もちろん、泡盛もね~。

ちょっとすっきりしました。

今日は、放課後、お医者さんを交えての保健関係の会議がありました。
しかし、お医者さんの話は難しく、全然わかりませんでした。
勉強のできない子ども達の気持ちがわかりました。
とほほ。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

熱病で休んだ後のテストが辛かったです。習ってないことはどう仕様もありません。つまずいて分からないことも同じですね。
ちょっとの差異で楽しくなったり、嫌になったり、後日必要だからだけでは、心からの納得は難しいですし。
>kazuyoo60さん
小学生の場合は休んだあとのフォローをしますが、中学生は時間的にできないみたいですね。
専門用語連発の話は聞いていても難しかったです。
いろんなお医者さんがいますが、やさしくわかりやすく話してくれると「このお医者さんにならかかってもいいな。」と思えますよね。
やけに居丈高だったり、説明が難しかったりすると敬遠してしまいますね。
研修会、お疲れ様でした。
勉強が苦手な子供達の気持ちが解った・・・違う意味勉強になりましたね!
>モモ さん
まあ、病院でかかっているお医者さんというわけではなく、勉強会なんですけどね。
こちらの学習能力がないというだけなんです。

>さかなさん
そうそう。わからなくても、わかるふりをしている子どももいるだろうなと思いました。