Post

        

オーシャンズ

category - 映画
2010/ 01/ 30
                 
母がめずらしく映画「オーシャンズ」を見たいというので、妹と3人で見に行きました。
3人で映画に行くなんて、生まれて初めてかと思ったら、妹が2歳のときに行ったそうです。
そんなん、覚えてないし・・・

母「オーシャンズって何かな。」

わたし「海やん。オーシャンビュー」っていうやろ?」

母「そうか~。」

自分から見たいと言っていたくせに、オーシャンズの意味も知らないとは驚きました。

朝、ちょうど、テレビでオーシャンズの紹介をしていました。
カメラマンの一人に日本人がいて、監督が「彼は技術者ではなく、芸術家だ。」と絶賛していました。

期待どおりの美しい映像に堪能しました。
まるで、海の動物達が、俳優として演技しているような錯覚を覚えました。
それぐらい、息遣いまで身近に感じるような映像だったのです。

いわしの軍団に飛び込むかもめたち、猛スピードで泳ぐイルカ、ロボットみたいにわっしわっしと集まるカニ・・・
圧倒されました。

ただ、ストーリーがないので、場面展開が唐突な感じがしました。

また、自然破壊についての啓発場面もなんだか、作られたような感じが否めません。こんな場面はドキュメンタリーのようにしたほうがいいような気がします。


欠点はあるけれど、また見てみたい映像でした。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
                         
                                  

コメント

非公開コメント