Post

        

理科研修

category - 小学校
2010/ 07/ 07
                 
秋に5年生は臨海学校に行きます。
できれば、夜には星の観察とキャンプファイヤーをしたいと思っています。
ちょうど、星の観察&トーチ作りの研修があったので、わたしだけで行きました。
本当は若い二人のどちらかに行ってほしかったのですが、二人とも主担をしている会議があったので、いけなかったのです。

研修の受講生はやはり、ほとんどが若い先生たちでした。
星の観察については、聞かなくても大丈夫という内容でしたが、星の観察のフリーソフトを教えてもらえたのがよかったです。
星の観察は4年生で学習するので、4年生の担当にも教えてあげるつもりです。

そして、トーチ作り。
結構、簡単にできました。アルミ缶を切って、棒にネジで留めるだけです。
欲しかったのは、炎を色別にするための薬品でした。
例えば、「友情の炎は 赤!」と言って、カリウムを溶かした薬品に火をつけるという具合です。

どの薬品を使うと、どの色が出るのか実験しました。

講師先生「ガスバーナーに火をつけてください。」

ハナコ「わたしはもう、できるから、あんたやり。」と同じ席にいた、よその学校の若手に命令しました。

若手「え。したことがないんです。」

ハナコ「だから、やりや。ねじを両方ゆるめて。次、空気いれて。」

わたしの指示どおり、おそるおそるやってガスバーナーに、やっと火がつきました。


講師先生「もっと、温度をあげてください。」

若手「・・・」

説明するのがめんどうになってしまい、わたしが、ねじをゆるめて空気を送り、ゴーというぐらいまで温度をあげました。

若手「すごいですね。何度ぐらいですか?」

ハナコ「200度ぐらいかな? さあ、分からん。」

といい加減な返事をするのは私流です。(笑)

さて、作ったトーチといろいろな薬品をもらって、帰りました。電車の中でトーチを持つのはちょっと恥ずかしかったです。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

頭で分かってるのと実践との違いですね。薬品による色の違い、楽しそうです。

若手のネジをゆるめて、緊張を
ほぐしてあげたんですね。
さすが女王様!
ん?お局様???

800度くらいはオレンジ色です・・・
それから1200度を超えると
白色になってきます・・・・
窯の中の話ですが、わははは。
星の観察のフリーソフトですか。いいですね。
もうすぐ夏休みですからね~
私が子供の頃そんなものと出会っていたら、人生が変っていたかも。。。
いや、やっぱり大差ないです^^;
>kazuyoo60さんへ
炎の色って一言では言い表せないぐらい美しいです。

>陶酔さん
青い炎なので、1000度ぐらいですか?その青年先生に教えてあげたいですが、もう、会うこともないでしょう。
おばさん先生に驚いたかな?

>男おいどんさん
今の世の中、便利になったものですが、本物の夜空の美しさにはかえられませんよ。昔の子どものほうが幸せ。