2010/08/23

Post

        

絵になる構図

category - 小学校
2010/ 08/ 23
                 
学校に行くと、講堂が半分以上壊されていました。

講堂

ここで、わたしが何を思ったかというと、「絵になるなあ。」ということです。
以前の学校で工事があったとき、ショベルカーを描かせました。
1年生でしたが、みんなめったにない機会なので、喜んで描いていました。
「描きたい」題材、思いが一番大切です。
こわされていく講堂を描かせてみたいです。
子ども達はわたしより、講堂に対しての思いいれがあるでしょうから、きっと、「いい絵」が描けると思います。
でも、2学期にはたぶん、もうない状態でしょうし、幕におおわれていて描けないでしょう。

わたし自身が絵に描きたいですが、働いている工事の人に悪い気がするのでできません。
子ども達と、いろいろなことを講堂でしたよなあと思いつつ、くずれていく講堂を眺めました。

ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

講堂、卒業式に間に合うのでしょうか?。近所の小学校の工事も長い間かかっていましたから。
絵に描かれたら、もっともっと印象が強く、子供たちに残りますね。
kazuyoo60さんへ
残念ながら、卒業式も次の入学式も間に合いません。
近くのホールを借りることになります。
こころみの授業
はじめて、おじゃまします。

すごい構図ですね。
私だったら、とにかく写真をいろんな角度から取っておきますね。もったいない。

拡大コピーをして子ども達に見せてあげます。

もちろん、本物には感動は勝てません。
でも、構図の大変いい材料になりますね。