2010/09/05

Post

        

もんぺとユカリ作り

category - 料理
2010/ 09/ 05
                 
2週連続、旅行で土日がなかったので、フィットネスをやめて家でゆっくりすることにしました。

100歳で亡くなった祖母に、生前にもらっていたもんぺを着用してみました。

もんぺ

なかなか似合うでしょ?
綿100パーセントだし、動きやすく機能的でとても快適です。

もんぺをはいて、今年もシソジュースを作ってみました。
レシピは、以前したのをどうぞ。
ちょっと水の量を間違えたので、濃い原液ができました。まあ、水で薄めて飲めばいいかと思いました。

今まで、シソジュースで使ったシソの葉っぱは捨てていたのですが、ユカリのレシピを発見!

ゆかりの作り方

・材料 シソジュースを作ったときに出るシソのしぼりかす。
    塩、クエン酸(レモン汁)

・作り方

1、葉っぱに塩を入れてもむ。

2、出てくる汁を捨てる。

3、クエン酸を入れてもむ。

4、出てきた汁ごと、一晩冷蔵庫におくらしい。(わたしはめんどうなので、2時間ぐらいしかおいてません。)

5、ざるに入れて、天日干しにする。(レンジで乾燥してもいいのかも。)

ゆかり

この暑さですから、すぐカラカラに。(写真はからからになる前)

6、すり鉢でする。(ジクは取り除いてください)

7、塩を適当に入れてする。

8、ビンなどに入れて保存。

ね~。簡単でしょ。

ご飯のお供にどうぞ。


ぽちっとしてください。
いつも、応援をありがとうございます。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

わ~!もんぺだ!
亡くなった祖母を思い出しました。
ゆかりって自分で作れるんですね~。
買ったのしか食べたことなかったです。
自家製のゆかりはひと味違うんでしょうね。
ゆかりにですか。それも良いですね。私も今年は3回シソジュースを作りました。葉も捨てるのはもったいないですものね。
綿の履き心地、良いでしょう。おばあ様が作ってくださったのですか。やっぱり、相当スマートでいらっしゃいます。
>べぃじゅさん
もんぺって意外にはきやすくて、夏にぴったりです。
ゆかりは自家製なので、適当にごまを混ぜたり、塩加減を自分好みにできていいですよ。

>kazuyoo60さん
来年もゆかりを作ってみようと思いました。
捨てなくていいというのがいいですね。
もんぺはたぶん市販のものだと思います。
梅干に入っている紫蘇を乾燥させて、紫ふりかけ作ります!!^^

うわ~・・・^^; 先生、やっぱ、細い!!
ほるんさんへ
フードプロセッサーがあれば、もっと簡単ですよ。ぜひ、作ってみてくださいね。
あ、そんなに細くないですよ。