Post

        

巣立ち

category - 日記
2012/ 04/ 14
                 
次男と娘がこの春、無事に就職し、巣立っていった。
この就職難と言われているときに、自分の選んだ会社に就職できたのはめでたい。
しかし、二人が家を離れることになり、わたしが一人暮らしを受容れることができるのか、少々不安でもあった。
二人がいなくなって早2週間。
はっきり言って、一人暮らしを満喫している。
さみしくて、めそめそするかもしれないというのは杞憂に終わった。
好きな時間に好きなことができる。全部が自分の時間で自由にすごせるのは本当に気持ちがいい。
元々、子どもオンリーではなかったことがよかったのかもしれない。
もちろん、楽しいとき、その喜びをわかちあう相手がいないのは残念に思うこともあるが、だからと言って、落ち込むことはない。
子どもは親から巣立つものだ。
親も子どもから巣立たないといけない。
それに、会いたければ、会うこともできる。
それぐらいに離れているほうがよいのかもしれない。
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

優秀でいらっしゃるから就職口が見つかったのです。おめでとうございます。
パートを希望して、将来起業する方ほどの方は別として、低賃金で不安定な方は、ほんとに気の毒です。重労働が待っていても、正社員の保証は有り難いでしょう。
自由を満喫ですか~。お若いですから沢山のことに挑戦なさってくださいね。
退職されたんですね。
そして子供達の新しい旅立ち。
一人暮らしということは・・・
pianoさんにとっても新しい旅立ちですね。
お久しぶりです。
うちの息子も巣立ちました。
思い立ってすぐ行ける距離の場所ではありませんが、わたしも思ったより寂しくありません。

長い間勤めてこられたのですもの。
お疲れさまでした。
自由を満喫して下さいねv-392v-344
>kazuyoo60さんへ
ありがとうございます。就職したことで一段落つきました。
これからは、自分の人生を楽しみたいです。

>べぃじゅさんへ
はい。わたしも再出発です。いろいろなことをしたいと思っています。

>ノアさんへ
子どもたちと離れたのは、大学入学や就職で喜ぶべきことですものね。
自由はなかなかいいものです♪