Post

        

ちょっとした親切

category - 日記
2012/ 06/ 19
                 
台風が近づいているというので、午前中に買い物に出た。
雨は降っていなかったが、かさを持っていった。
スーパーの近くになって、突然大雨が降り出した。
前を歩くおじいさんは、かさを持っていないことに気付いた。
声をかけようか、どうしようかと少し迷ったが、このままではずぶぬれになると思い、「かさに入りますか。」とかさを差し出した。
「すみません。近くに住んでて、かさはいらないと思ったので。」
と感謝してくれた。
スーパーに着くまで2分ほどだったが、大雨だったし、おじいさんはゆっくり歩く方だったから、ずぶぬれになっていたと思う。
躊躇したけれど、かさを差し出してよかったと思った。

さて、そうこうしているうちに、大阪にも暴風雨警報が発令された。
こちらの地区の小学生達も帰るに違いない。
ずいぶん、時間が経ってから、子ども達が下校する声がするようになった。
玄関先に出て、子ども達を待つ。
かさをさしていない子どもにかさをかしてあげようと思ったのだ。

かさをさしていない男の子を発見。
「かさ、貸してあげる。」と声をかけたが、「いらない。」という返事だった。
また、見つけて声をかけるも、やはりいらないらしい。
中にはかさを持っているのに、かさをささず、ずぶぬれの男の子もいた。
小学生男子ってよくわからない・・・
ま、本人がいらないというならいらないのだろう。
小さな親切も空振りに終わった。

だんだん、風がきつくなってきた。
ぬれた子ども達もおじいさんも今は家でゆっくりしているだろうか。

↓ぽちっとしてね。
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


ポジティブ日記 ブログランキングへ
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

感謝してくださったでしょう。短時間でも、濡れるのは気持ち悪いですから。
台風情報中、壊れた傘があちこちの場面で写っていました。強風でなければ傘は有効ですが、壊すために挿すほど強い風の時には危険ですね。
先日電車に乗り次の駅で降りるので立っていました。突然前に立っていた若い女性に「もし宜しかったらあちらの席が空いてますが」と声を掛けられました。わたし・・次で降りますので」とお断り・・・女性はすぐに自分がすすめたであろう席に座りました。そこで疑問・・・席は結構空いてました。今まで席をすすめられたことはなし。この女性の親切心がいまだ理解に苦しんでいます。
>kazuyoo60さんへ
強風のときはかさは使えませんね。植木鉢を片付けているときは強風だったので、ぬれながら片付けました。
男性が喜んでくれてよかったです。

>さかなさんへ
多分、さかなさんが席が空いていることに気付いていないのかなと思ったのだと思います。
わたしも席があいているとき、立っている人を見かけたら、どうして立っているんだろうと思ったことがありました。でも、声はかけないですね。