Post

        

チョコレートと青い空

category - 読書
2012/ 10/ 19
                 
秋は読書の秋です。ゆっくりとした気分で読書の時間にひたってみてはいかがでしょう。

今回は児童図書をお勧めします。
紹介するのは、童話仲間の堀込薫さん作「チョコレートと青い空」です。

みなさんはチョコレートの原料のカカオ原産地ガーナののことをどれくらい知っていますか。
ガーナの子ども達はほとんどチョコレートを食べたことがないことも、どれくらいの人が知っているのでしょう。
わたしも恥ずかしいことですが、全然知りませんでした。
知らないことを知ることが大切なのです。


本書では、ガーナから日本にやってきた農業研修生のエリックさんとの交流を通して、いろいろな問題にふれています。重い問題にもふれていますが、やさしい文体で読みやすいです。

児童図書ではありますが、大人にも読んでほしい1冊です。












↓みなさま、いつもありがとう~。ぽちっとしてね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


ポジティブ日記 ブログランキングへ

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

カカオ豆からチョコレートですね。一応産地はその辺りと見聞きのうちでした。
ついつい食べ過ぎてしまうチョコレートです。
kazuyoo60 さんへ
チョコレートの原産地のことを知ると、味も深いものになりそうです。
図書館にありました。
今予約しました。
読んでみます。
つぼみさんへ
とても内容が濃い本なので、いいですよ。