2013/02/09

Post

        

映画「東京家族」を見たよ

category - 映画
2013/ 02/ 09
                 
映画「東京家族」を観にいきました。

東京に住む大人になった子ども達三人のところへ両親がやってきます。
子ども達と親との葛藤やらふれあいが描かれています。

最後に広島県の大崎上島にもどる場面があるのですが、そこはわたしの母のふるさとです。
母が見たいというので、観にいったわけですが、いい話だけど、なんだかなあと物足りなく思っていました。
この映画はずいぶん昔の映画を山田洋次監督がリメイクしたのだということがわかりました。
だから、無理があるなあという場面がところどころにあったのです。

例えば、母親が68歳という設定なのに、歩き方がうちの母よりよぼよぼしています。
また、どうすごすか、考えずに東京に出かけているので、泊まる予定のなかったホテルに泊まってぼ~とすごす場面もありました。そんなことをするかなと思っていましたが、昔ならそうなのかもしれません。

回想とか、昔の話という設定にしておけば、もっと納得できたかなと思いました。

でも、俳優たちがいいので、好きな映画です。

さて、マロンは相変わらず、散歩しているみんなに愛想をふりまいています。
どちらかというと、マロンはおばさんよりおじさんのほうが好きみたいです。おじさんたちはみんなマロンをかわいがってくれます。おばさんたちは散歩に忙しいのかもしれませんね。

マロン日記


朝、まったりするのん、好きやねん。
マロン

荒野の用心棒とちゃうで。
マロン


おまけ
ユリオプスデージー


↓みなさま、いつも来てくれてありがとう~。ぽちっとしてね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


ポジティブ日記 ブログランキングへ


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
私ももうすぐ68歳になりますが、自分ではよろよろ歩く?とは思っていません。
よぼよぼとは80台?、もっと高齢でもかくしゃくとした方もおられますものね。
マロンちゃん、大事にしてもらってます。
ユリオプスデージーは我が家でも元気に咲き続けています。
kazuyoo60 さんへ
人によって違いはありますが、母は80歳ですが、よろよろしていません。
あの映画はちょっと違うなあと思いました。
ユリオプスデージーは冬でも咲くので、うれしいです。