2013/02/11

Post

        

笑った顔の家

category - 日記
2013/ 02/ 11
                 
震災から1年と11ヶ月がすぎました。あの何もかも飲み込んでいった津波のおそろしい映像は忘れることができません。
まだ、見つからない方が大勢いるそうです。
亡くなられた方々のご冥福をお祈申し上げます。

******

マロンが来てから笑うことが多くなりました。
笑うというのはとてもいいことだそうですが、街中でも笑った顔を見かけることがあります。

うちの近所のおうち。

おほほって感じしませんか。
家


マロン日記より


もう、帰るん?
いやや。
マロン


どうなってるんって?
わからへん。
でも、おもしろいわ~。
マロン


↓みなさま、いつも来てくれてありがとう~。ぽちっとしてね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


ポジティブ日記 ブログランキングへ
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
先ほど、震災の月命日の言葉に出会いました。潜水士さんが海中捜索されてるのが映ってました。合掌。
顔の半分より下に目があると童顔に見えるそうです。この窓の位置と同じかな?。
今日も元気いっぱいのマロンちゃん、来てくれて良かったです。面倒も一緒にでしょうけれど。
No title
未だにというかこれからも忘れることはない出来事です。

「あの日」で通じる出来事なんです。

知人や知人のご家族が亡くなりました。

笑いを忘れてしまったような
そんな時間もありましたが
やっぱり笑いは大事なんだと最近感じているところです。





No title
>kazuyoo60 さんへ
震災について、案外テレビで放映しているのが少ないなと思いました。
応援できることがあると思うのですが。

マロンが来たことによって制約されることもあるのですが、そんなことはあまり感じないです。うれしいことのほうが多くてよかったです。

>ともちゃんさんへ
知人が亡くなるというつらい経験をしたら、楽しいこともさけてしまいがちになるでしょうね。でも、いつかはともちゃんさんを初め、みなさんが笑える日が訪れますように。