2014/03/24

Post

        

童話の勉強会 わらしべ

category - 童話
2014/ 03/ 24
                 
昨日、同人評を添付で送信したので、いい気分で「わらしべ」に行きました。
これが終わっていないと、どよ~んとした気持ちでいるところでした。

会場に着いたら、さっそくわらしべの同人誌をいただきました。なんと創刊号です。

わらしべ

制作や編集をしてくださったみなさま、ありがとうございます。
わたしは「ミミズと友だち」という話を載せていただきました。
イラストは中・高学年の表紙とミミズ、ラブラドールを描きました。
絵が載ったことがとてもうれしかったです。



合評作品はわたしのを含めて、4作品です。
3つはテーマにあった「しめじ」に関するもの、あと1つはテーマでない作品です。

合評の前に今年度の活動について、話し合いました。その中で、「テーマの作品が全員出さなくてもいいのではないか」という意見が出て、「え~!!」とびっくりしました。
全員参加が当たり前だと思っていたからです。

ただ、どうしても書けない人がいるということだったので、「書ける人だけ、名前を書いたらどうですか」と提案しました。
それに後で、とんぼ先生から「このテーマがあったからこそ、このお話が書けたと思うよ」と言われて、「そうかあ」と納得しました。確かに、「しめじ」というテーマがなかったら、今回の話は書いていませんでした。

さて、わたしの話は「しめじ」が出てきます。合評では「しめじ」でなくてもいい話ではないかと指摘を受けました。わたしも書きながら、そう思っていました。(苦笑)
とんぼ先生から「しめじ」はきっかけにしたらいいと教えていただきました。
他のテーマも書いてみようかしらん。

Aさんの作品で飼い犬が、3,4歳の女の子に変身できるというお話がありました。その女の子のセリフやしぐさが3,4歳らしくないと思っていました。
うちのマロンなら、変身したら、すぐ、わたしに「おかあちゃ~ん」ととびつくと思います。
そして、ぺろぺろなめて「だ~いすき」とか。
で、わたしが「あんた、だれやねん」とつっこむわけです。
あかん、コメディになってしまいますね。

今回もいろいろな話があって勉強になりました。


帰りに若いメンバーにお茶にさそわれました。
若い人でも、おばちゃんをさそってくれるんやと驚きましたが、同時にうれしく思いました。
「犬が待っているから」と断りましたが、来月は行ってみようかしらん。



マロン日記より


わとそんくん きみは なにかね。
ぼくが くさはらから なにも みつけられないとでも おもっているのかね。
マロン


ふん。
きみに ぼくの なにが わかるってのさ。
鳥



いやいや きょうは えんりょしとくよ。
あしを あらうのは。
マロン


きょうは、おさんぽで おとなごっこを しました。

えんりょしとくって ゆうたのに、おかあちゃんに むりに あしを あらわれてしまいました。

いやだったです。

ほんで おするばんしました。

ねてたら おばあちゃんが きてくれました。

おやつを もらいました。

おばあちゃんに おさんぽ いこうって ゆうたけど つれていってくれませんでした。

おかあちゃんが かえってきたので、おさんぽに いきました。

よかったです。




↓みなさま、いつも来てくれてありがとう~。ぽちっとしてね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


シーズー

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
>ぺろぺろなめて「だ~いすき」
やっぱり小さい時から飼ってないとです。チエ♀は大人しいだけです。夜はベッドの上、足元で寝てることが多いですが、吠えたことも舐めたこともありません。
アオサギですね。どこに来たのでしょう。この冬は見てないのです。
kazuyoo60 さんへ
吠えることもなめたこともないって、本当におだやかなチエちゃんなんですね。犬もいろいろ性格が違うみたいです。
マロンはほえるとうるさいです。
アオサギはいつも散歩に行く池にたいてい、います。じっとして、仙人みたいです。