2015/12/21

Post

        

心にひびく言葉

category - 日記
2015/ 12/ 21
                 
寝ているマロンにリードをつけようとしたら、グルルルと怒られました。
すんません。

マロン日記より

はいはい。
さんぽに いったげるよ。
ねむたいけどさー。
マロン


とり おるな。
マロン



こっから いってみよう。
ぐいぐい。
マロン

無理ですよ。(笑)


*****


日曜日は、モタさんの言葉を聞くのが楽しみですが、昨日は残念ながら納得できませんでした。
モタさんは「でも」を禁句にしているそうです。
例えば、仕事中別の仕事を依頼されたとき、例えば旅行にさそわれたとき、「でも」を言うと、可能性を否定してしまうというのです。

そういう場合もあるかもしれませんが、量的にできない仕事を言われたときも、理由があって行けない旅行にさそわれたときも、「でも」を言うべき時ではないのかなと思いました。

心にひびく言葉を期待していたので、残念でした。

もう一つ、楽しみにしているのが毎日新聞の日曜版に載っている「心のサプリ」です。
作者は海原純子さんというお医者さん。
海原氏の言葉ではないのですが、「人間は人情を食べる動物である」という一説を引用していました。
他には海原氏の言葉で、「今もっているもの、今できること、今ともにいる人とのひとときを大事にしたい」とも。
わたしも人の心にひびく文章を書きたいです。

****
母とデパートで買い物をしました。
そこで、知り合いにばったり会いました。
どこで、どんな人と会うかもしれないですね。
もちろん、へんなことはしていませんが、気を付けたいと思いました。




マロンにぽちっとしてね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村


こっちもよろしく~。
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ドラマの中で時々あれっと感じる言葉があったりします。こちらの気持ちしだいなのかもしれませんし。
たまにしかチエ♀を散歩に連れ出しません。リードをつけるときは嬉しいのかな、ほとんど無反応なのですが。機嫌よく歩きます。
kazuyoo60さんへ
>こちらの気持ちしだい
そうかもしれませんね。同じ言葉でも、そのときの状態で感じ方は違うかもしれません。
リードを嫌がらないなら、散歩が好きなんだと思います。
マロンは寒いときも散歩をいやがります。