2016/02/13

Post

        

絵本の読み聞かせ

category - 絵本サークル
2016/ 02/ 13
                 
暖かい一日でした。
梅の見ごろももうすぐかな。

マロン日記より

ぼくは、おばあちゃんが くるときは いつも まどの とこで
おむかえします。


えっ!?
おばあちゃん、くるって?
マロン


ほんまに くるんやな?
おかあちゃん。
マロン


は~やく こいこい おばあちゃん~♪
マロン


****

図書館での読み聞かせに行ってきました。
時間になって、来てくれたのは、常連さんの親子のみ!
今日はたった一組か~と思いながら、時間前に少しおしゃべりしました。

読み聞かせに来た子どもさんには、スタンプカードをわたしていて、10ポイントたまると、「何かいいもの」をプレゼントしています。
いいものには、小さなおもちゃやカード、シールなどがあります。

「何か、いいもの、次はどれにするか見る? これはどう?」
と、聞いてみました。
その男の子はとてもおとなしい子どもさんで、読み聞かせをしてもあまり反応がないのですが、そのたわいのないやり取りがあったせいか、笑顔があったので、うれしかったです。

その上、お母さんも普段は無表情だったのが、「私たちだけで贅沢やなあ。」なんて、喜んでくれました。

最初はそんなスタートでしたが、読み始めてから、ほかにも子どもたちが聞きに来てくれました。


今日、わたしが読んだのは、「いいことってどんなこと」です。


早春にふさわしいお話です。
雪の中から春を見つける場面が好きです。


次は「このゆきだるま  だーれ?」
さっき、早春のお話を読んだのに、冬に逆戻り。
だって、まだまだ寒い日が続くし、雪で遊びたいですものね。


転がったら、雪だるまになったというありがちな話です。
失礼!
でも、それが、楽しそうなんですよ。
残念ながら、雪が降るどころか、暖かい日でしたが、絵本だけでも雪を楽しみたいです。

このあと、わらべうたを2つ、手遊びを入れながら、うたいました。
「あめ こんこん」と「たんたん たんぽぽ」です。

赤ちゃん親子がいたので、「赤ちゃんえほんのじかん」を紹介しました。
「赤ちゃん専門なので、絵本も赤ちゃんむけだし、今日みたいなわらべうたもしますから、来てくださいね」というと、知らなかったようでした。
ずっと、やってきているのに、知らない人も多いです。

帰りに絵本を6冊借りて帰りました。
うきょうさんおすすめの「ちびゴリラちびちび」も借りました。
とっても、かわいいです。
次に読もうかなあ。

読み聞かせサークルに入ってから、読み聞かせした本だけでなく、自分が読んだ本を絵本ライブラリとして、メモしています。
書いているのは、題名、作者・絵を描いた人、出版社、一言紹介、おすすめ度、読み聞かせる場合の時間です。
おすすめ度というのは、△、○、◎で表しています。

作り始めたのが遅かったので、メモせず読んだだけで終わっているのもあります。
メモがたまっていくのも楽しいので、書いていないのは再度読むつもりです。


マロンにぽちっとしてね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村


こっちもよろしく~。
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
マロンさん、おばあちゃんには会えましたか?
さて、私も記録取ってるんですけど、発表年数も入れておくといいかな、と思います。最近の本と、ロングセラー本になっていくもの、すでにロングセラー本といっていいもの、など、後から見返すとあればいいかな、とも思います。(アマゾンなどで調べればすぐにわかりますけど)
あと、私自身は創作のときの名前づけが下手だなあって思っているので、登場してきたものの固有名詞もいっしょに記録しています。ときどき、お子さんの名前の登場する絵本を探している人がいたりして、お役にたつこともありましたよ(^^)
「いいことってどんなこと」私も大好きな一冊です。「春」とか「息吹」を感じるいい絵本ですよねえ。おとなもこういう空気感をたっぷりと楽しんだらいいのに、と思うくらい大好きです。
No title
>は~やく こいこい♪
ちゃんと分かって待ってくれてますか。良い子ね、マロンちゃん
楽しい時間を過ごせて、更に良いものも戴ける方もですか。笑顔になって下さって良かったです。
No title
>うきょうさんへ
なるほど、発行年数は気づきませんでした。主人公の名前は、一言紹介の中で書いています。
今、自然がどんどん失われているので、「いいことってどんなこと」みたいな絵本は貴重ですね。

>kazuyoo60さんへ
マロンはある程度、言葉がわかるみたいで、「おばあちゃん、来るよ」というと、走って窓のところでずっと待っています。
読み聞かせをして、喜んでもらえると、読むほうもうれしいです。