FC2ブログ
2018/08/09

Post

        

文楽鑑賞

category - 日記
2018/ 08/ 09
                 
朝夕、少し涼しくなりました。
でも、まだまだ暑いですね。
皆様、引き続き熱中症に気を付けましょう・


*****
先日、母と文楽を観に行きました。
会場に着くと、外国人の姿も見えました。
演目は「三十三間堂棟木(むなぎ)の由来」と「大塔宮あさひの鎧」です。

「三十三間堂棟木の由来」は、かわいそうなお話でした。
みどり丸の母親は「柳の精」ですが、三十三間堂の棟木として切られてしまうのです。
柳が棟木になれるのか?というつっこみはさておいて、かわいそうでした。

「大塔宮あさひの鎧」はちょっとひどいお話です。
最初、恋の話かと思っていたら、いつの間にか政治的な話になっていました。
最後は「斎藤」が孫を殺すというひどい話です。
子どもたちが盆踊りをする場面があるのですが、それがこれから起こるかもしれない惨事を暗示しているような雰囲気でした。

文楽って人形なのに、人間みたいな仕草をするので、生きているみたいです。

また、別の演目を見たいなと思いました。


*****
わらしべ冊子の原稿を送ったので一安心です。
次は童話塾の原稿に取り掛かります。

*****
マロン日記より



おやつタイム♪
ちゃんと てぇで おさえるで。
マロン





あきみつけ したねん。
マロン






ねこじゃらしって あきやんな?
マロン



あきみつけ したね~ん。
マロン






文楽のときはお留守番のマロンにポチっとしてね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村


こちらもよろしくお願いします~。
いつも、ありがとうございます。
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
人形でも魂が入ったように演じられるからですね。
お行儀の良いマロンちゃん、ネコジャラシを見てる姿も可愛いです。
kazuyoo60さんへ
文楽の人形は本当の人間みたいな動きをしています。
マロンはネコジャラシの匂いにつられたのかもしれませんね。